新郎のレンタル・オーダータキシードの情報サイト

新郎新婦さん必見-結婚式で使う新郎の衣装が見つかるサイト

*

タキシードのカフスボタン、スタッズボタンの使い方

      2015/10/25

さりげないオシャレの必須アイテム

結婚式で着用するタキシードはあまり飾りがありません。そうした中でもおしゃれに魅せるアイテムの一つがカフスボタンです。

カフスボタン

通常のシャツは袖の留め口はボタンがついていますが、この代わりにシャツの袖口をカフスボタンにします。

ビジネススーツでも意識の高い方は付けられたりしていて、ご存知な方も多いと思います。

今でもお爺ちゃん世代の方でよくこのカフスボタンをつけている方を見かけることがあります。

目的としてはボタンとして留め具の要素もありますが、タキシードなどの場合はアクセサリーのようにコーディネートのポイントとして付けましょう。

カフスリンクスとは袖に着けるボタンのこと

カフスボタンのシャツ

カフ・リンクス (カフとはシャツ袖口のこと=袖のホールを繋ぎ留める=リンクする、という意味)

かつての貴族達が社交界、パーティーなどで着用して一般的に広まり、現代のフォーマルシャツには欠かせない1つです。

当時は、しわ1つないシャツが礼装の掟でしたので、糊で硬くなった袖カフスの留め方はこうするしかなく、そのような理由で生まれたのかもしれませんね。

留め具としての意味もありますが、アクセサリーであってジュエリーブレスレットのような印象を与えます。

どんなカフスボタンが良いの??

一般的にタキシードで着用する場合は黒いオニキス(天然石)が良しとされてはいますが、何かと着こなしルールの多いタキシードや礼服に合わせる場合、

ここは好きなデザインや、そのときの気分に合ったモノを選んで付けるのが現代流の合わせ方だと思います。

タキシード本体は正統派に、ボタンで自分のカラー(個性)を魅せる、そういう着用の仕方がオススメ。

スダッズボタンとは、シャツの前立につけるボタンのこと

スタッズボタンのタキシードシャツスダッズボタン : Formal用 飾り留め具

前立ての第2~第4ボタン部分に後から取り付ける飾りボタンのことで、カフスボタン同様にフォーマルシャツ用ボタンの1つです。

実は今と異なり、19世紀中頃の正・礼装用のシャツは両方は穴になっていて必ずスダッズの留め具でシャツを留めていました。

その名残で現代のフォーマルシャツにも相応しいデザインの1つとして認知されているボタン。

どんなデザインがオススメ?

カフスボタン同様に様々なデザインがありますがネクタイとの合わせを考えると、やはりシンプルなものがベスト。

大きさは直径11.5mmがシャツのボタンホールにもピッタリでおすすめ。

結婚式では付けた方がいいの?

海外と日本では礼装に対する意識の差があります。

海外では従来通常の縫い付けるボタンの糸かがりを見せる事は美しくないといった美学があり、

なるべく縫い糸が目立たない方がエレガンスだという美意識から、海外では付けられているケースが多いです。

アイテム的にも礼服の世界では標準装備となっています。

質やコーディネートの完成度を気にするようであれば結婚式などでは付けた方が他と差をつけるチャンスですし、タキシードや礼服スタイルで遊びを付けるなら打ってつけのアイテムです。

伊勢丹メンズ館などで沢山の種類が扱っていますので是非見てみて下さい。

参考:オーダータキシード.net アクセサリー

 - タキシードの小物